cancel

  • 駒込綾
  • 真下慶治記念美術館
  • 山下俊輔&小関佳宏&駒込 綾 Musium Concert at真下慶治記念美術館
11月3日(日)
開演:14時 入場料:3000円
(1ドリンク付き)
最上川美術館(真下慶治記念美術館)
〒995-0054山形県村山市大字大淀1084番地1/☎ 0237(52)3195

ギター 小関佳宏&山下俊輔/ヴァイオリン 駒込綾
この三人で、クラシックからオリジナルまで、熱くしびれる音楽をお届けします。

❖演奏予定曲目
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲 第2楽章
ビゼー:カルメン・ファンタジア
ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番「悲愴」他

山下俊輔 ギタリスト・作曲家
高知県出身。桐朋学園大学短期大学専攻科首席で卒業。2006年にギターデュオ「いちむじん」としてメジャーデビュー。現在15枚のCDをリリース。数々のCM、映画、ドラマ、アニメなどに参加。その中でも2010年大河ドラマ「龍馬伝」、映画「沈まぬ太陽」で飛躍的に活動を広げる。作曲家の活動としては、2010年ミサワホームCM曲「かけら」をはじめ、演歌歌手 市川由紀乃、松本梨香他など多くの歌手に楽曲提供を行う。2011年から海外公演を行っておりニューヨーク、ボストン、ロサンゼルス、ボルチモア、メキシコシティ、サンパウロ、サルバドール、台湾などで高い評価を得る。近年は全てジャンルが異なる唯一無二のギターアンサンブルを結成。2017年「小関佳宏×山下俊輔」アルバム「think」発売。2018年志野文音と「Ring The Alarm」NYデビュー。2019年佐藤紀雄と「どっと。」アルバム「A LA CARTE」発売。2019年ソロアルバム「Single molt YAMASHITA No.1」発売。高知龍馬マラソンのテーマ曲や、映画「サムライせんせい」テーマ曲や挿入歌を製作。他、多数起業のCM曲を手掛ける。

小関佳宏 クラシックギター奏者・作 編曲家
クラシックギターを佐藤滋氏、永島志基氏、作曲を佐藤弘和氏、ジャズ・ポピュラー理論を稲垣達也氏に師事。クラシックギターの独奏を基本とし、ヴァイオリンやピアノ、チェロなどの様々な楽器や、声楽家、朗読家と共演。国内はもとよりアメリカ、ポルトガル、フランス、香港で演奏を行ってきた。映画や舞台の作曲を手掛ける他、これまでに9枚のアルバムをリリース。編曲家としても高く評価を受け、村治佳織をはじめ多くのギタリストに作・編曲作品を提供している。また「月刊現代ギター」誌上にて、コラムとギター独奏用の編曲楽譜の連載を担当するほか、「ギターソロ曲集・久石譲 (出版元:現代ギター社)」他、編曲を担当した楽譜も多く出版されている。クラシックギターの可能性を追求すると共に、その魅力を発信し続けている。日本ギタリスト協会会員。日本ギター合奏連盟常任理事。東北福祉大学クラシックギター部講師。Wonder World Works代表。

駒込 綾 ヴァイオリン奏者
秋田南高等学校 卒業。 山形大学教育学部総合教育課程音楽文化コース 卒業。 2002年4月から2011年4月まで、山形弦楽四重奏団のメンバーとして研鑽を積む。2015年と2017年に、山形市文翔館議場ホールにてソロリサイタルを開催。 現在、フリー奏者として東北各地を中心に活動を展開。室内楽やオーケストラなどのクラシック音楽をはじめ、ジャズやポップスのステージなど、様々なジャンルで活動している。さらには、オーケストラの弦楽器トレーナーとして、後進の指導に力を注いでいる。2019年10月、初ソロアルバム「しあわせのカタチ」リリース。 『Trifoglio〜トリフォーリオ』『Bouquet de Bijoux』 『美寿&綾』 『いち、に、の三重奏』『杜の弦楽四重奏団』 各メンバー。 山形北高等学校音楽科非常勤講師。 山形大学フィルハーモニーオーケストラ 弦楽器およびヴァイオリントレーナー。 山形市小姓町において、『フェルマータヴァイオリン教室』を主宰。
  • 開催日 2019.11.3
  • OPEN 13:00
  • START 14:00
  • 出演 未定
  • 会場 真下慶治記念美術館
  • 住所 山形県村山市大字大淀1084番地1
  • キャンセルなどの連絡方法 ryovnryo@gmail.com(駒込)

予約フォーム

前売/一般

前売/学生

全角25文字以内